誰もが長く健康で幸せな生活が送れるよう 全世界規模で情報収集し実社会のストレス管理に関わり 教育・支援する努力を行っています

アルファスティム使用希望者のための簡易抑うつ症状尺度(QIDS-j)について

当研究所で取り扱っているアルファスティムについては、通常アルファスティムを取り扱う医師を通しての販売になりますが、簡易抑うつ症状尺度(QIDS-j)に答え、採点結果を送っていただくことによって、当研究所の理事(医師)の判断で購入またはレンタルしていただくことも可能です。(CES療法を行う医療機関をご紹介する場合もあります。)

以下のページでは、簡易抑うつ症状尺度(QIDS-j)をご紹介しています。

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-j)に答える

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-j)とは?

簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS -J)は、16 項目の自己記入式の評価尺度で、うつ病の重症度を評価できるほか、アメリカ精神医学会の診断基準 DSM-IV の大うつ病性障害(中核的なうつ病)の診断基準に対応しているという特長を持っています。
世界的に知られた精神科医 John Rush 先生によって開発され、世界 10 カ国以上で使用されています。日本語版は、慶応大学医学部の藤澤大介先生のグループによって作成されました。

PageTop